ビジネス用語

RPSの意味は?使い方は?例文は?詳しく徹底解説します


このページではRPSという言葉の意味について説明させていただきます。
RPSという言葉はなかなか普段きくことがありませんよね?
それもそのはず、RPSはビジネス用語や日常用語ではなく、「腐女子」という一部のコミュニティーでのみ使われる言葉だからです。
ではRPSは一体どのようなシーンで使われるのでしょうか。
詳しく解説させていただきます。

RPSの読み方

RPSの読み方について説明させていただきます。
RPSはそのまま「あーるぴーえす」と読みます。

RPSは何の略語?

RPSは「Real Person Slash」の略語です。
Slashは海外では カップリング の表現の際に使う 「×」 の英語表記です。
直訳すると「現実の人物のカップリング」となります。

海外ではRPF(Real Person Fiction)と表現されることが多いようです。
RPSの略語を聞いてもいまいちどういう意味かわからない人も多いと思います。
それでは次にRPSの意味を説明させていただきます。

RPSの意味とは?

では本題であるRPSの意味について説明させていただきます。
RPSの意味とは「実在の人物をモチーフにした創作作品・同人誌」のことをいいます。
男性同士の恋愛が題材になります。
生もの」「nmmn」というように表現されることもありますので、閲覧する際には注意が必要です。

RPSの具体例

ここまで聞いてもRPSの意味がよくわからないという人に説明させていただきます。
対象となることが多いのは芸能人や有名人、ドラマや映画です。
例えば「花より団子」の登場人物である小栗旬と松田翔太が何恋に落ちてイチャイチャするとかですね。
多くの方にはなかなか理解できないシチュエーションかもしれませんがRPSの具体例としてはこういうことです。
人の趣味や好みというのは本当に色々ありますよね。

RPSの使い方

RPSの使い方について説明させていただきます。
・やば・・・最近RPSにはまっている
・●●のRPSあるらしくてめっちゃ楽しい



にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村