ビジネス用語

ボナペティの意味と和訳は?キムタクもドラマで使っていたあの言葉を徹底解説


このページではフランス語であるボナペティの意味について説明させていただきます。
ボナペティは普段のビジネスでは使いませんが、フレンチレストランスにいったりフランス人と話をする際には知っておきたい言葉です。
ここではフランス語であるボナペティの意味や和訳や返事仕方などを掘下げて解説させていただきます。
ボナペティという言葉に興味のあるビジネスマンは是非参考にしてみてください。

ボナペティの意味について

「ボナペティは(bon appetit)」はフランス語で「bon(良い)」「appetit(食欲)」というから構成されている言葉です。
ボナピディは「召し上がれと」いう意味で使われます。

ボナペティの意味をそのまま和訳すると・・・

直訳すると良い食欲となりますが、使われ方と意味としては「召し上がれ」という以外では使われません。
ボナペティ無理やりに日本語に和訳するのであれば「た~んとお食べ」を丁寧にしたイメージでしょうか。

いただきますという意味で使う人もいますがこれは厳密にいえば間違いです。
言葉だけでいえば間違いでないように思えますが、ボナペティは食事を振舞う側が使う言葉で食事をする側が使う言葉としては適しておりません。
例えばレストランスで自分に対して「さあたくさん食べてくださいね」といってから食べるようなものなのでボナペティの遣い方を勘違いしないように注意しましょう。

ボナペティと言われた時の返事の仕方の発音について

ボナペティの発音についても説明させていただきます。
ボナペティはボナペディ(↓)というように下がり気味の発音になります。
発音自体は難しくありませんので、日本の方でも簡単に発生できますしすぐに覚えることができます。
フランスの方が実際にボナペディを発音している動画があったので貼っておきます。

レストランで使うので覚えよう!フランス語で「召し上がれ」「いただきます」

ここまで説明の通りボナペティと言われた時の返事の仕方は主にレストランなどの食事に使われれることが多いです。
そこで気になるのがボナペティと言われた時の返答ですよね。
説明した通りボナペティは「召し上がれ」という意味なので「いただきます」という意味の言葉を返します。

ボナペティと言われた時の「いただきます」

ボナペティと言われた時は「いただきます」の意味がいいのですが、実はフランス語にはいただきますという言葉がありません。
そこで「メルシー(ありがとう」とだけ返せばOKです。

食後は「ごちそうさま」

その後は「ごちそうさま」という意味の セテボン(おいしかったです)などと返すのがいいでしょう。

レストランでのボナペティはいつ使われる?

ボナペティは説明した通り「召し上がれ」なので主に食事前のタイミングで言われることが多いです。
ただし食事中でも言われることがあります。
日本でいう「お食事を楽しんでいただいてますか?」のような挨拶のような言葉だと理解していればいいでしょう。

ボナペティはイタリア語で何という?

ボナペティはイタリア語でなんというのでしょうか。
ボナペティは召し上がれという意味であることはご説明させていただきました。
イタリア語では召し上がれは「ブォナペティート(Buon’appetito)」といいますので覚えておきましょう。

キムタクのかっこよすぎるボナピディは正しい?

キムタクの主演するドラマ「グランメゾン東京」
ここでもボナペティという言葉が使われますが「召し上がれ」という意味でシェフが使っておりますので当然正しいです。
キムタクのかっこよさはシェフ姿でも引き立ちますよね。

ボナペティという名前のフランス料理屋さんも

ボナピディという言葉自体おしゃれでかっこいい響きをもっていますからフランス料理屋さんの名前として採用されることもあります。
「召し上がれ」なんて店名だとたくさん食べたくなりますしどんな料理がでてくるのかワクワクしちゃいますよね。



にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村