客先常駐

客先常駐SEはゴミ屑扱いで底辺!?業界の闇をあなただけに暴露しよう


このページでは客先常駐がIT業界でゴミ屑扱いされる理由について説明させていただきます。
まず結論からいうとIT業界で客先常駐SEはゴミ屑のように扱われております。

・客先常駐SEは使い捨てである
・老後はまともな生活を送ることができない

これはIT業界での常識であり共通認識です。
でも何故客先常駐SEはゴミ屑扱いされまくっているのでしょうか?この点について詳しく説明していきます。

管理人
管理人
客先常駐SEであれば絶対にしっておいてほしい。

【暴露】Slerや大手企業は客先常駐SEをゴミ扱いしている

まず客先常駐SEを最もゴミ屑扱いしているのはSlerや大手企業です。
彼らは客先常駐SEや派遣SEを同じ人間と思っておりません。
これは業界人で担当者と密にやりとりしている人であれば誰もが知っております。

「また派遣社員が飛んだよ~」
「あのプログラマー経歴本当か?マジ使えないんだけど」
「●●(人材派遣会社の名前)から来た奴またクソSEだったわ」
「あいつ40歳であのスキル?やばすぎるだろ」

みたいなやりとりが飛び交うのは日常茶飯事です。

管理人
管理人
これは知っておいたほうがいいぞ

パラハラモラハラが頻発することが何よりの証拠

もちろん彼らも大人なので、なるべくそういった言動を前面にださないようにはしておりますが、心の底では皆そう思っております。
客先常駐SEはめちゃくちゃパラハラモラハラの対象にされることが多いのが何よりの証拠です。
自社のプロパーに対しては優しいのに外部からきた派遣社員には平気でとんでもない言動に出るという現場は
数えきれません。

管理人
管理人
客先常駐SEの一定数はこれで精神を病んで辞めていくんだ

掲示板やツイッター、ネット情報は本当なのか?

インターネット上で客先常駐のことを調べてみると、ポディティブな情報はほとんどありません。
「客先常駐はゴミ」
「客先常駐は将来性がない」
「客先常駐はホームレス予備軍」

などまあ散々な言われ方です。
ただこういったことを書き込んでいるのはほとんどが客先常駐SEであることは自明で、皆がそのような体験をしているからであるからです。
つまり圧倒的に客先常駐により不幸になった人が多いという何よりの証拠です。

客先常駐SEの不満は皆同じである

こういったネット上の情報を集約すると以下のような不平不満がほとんどです。

・給料が安くてカツカツである
・クビにされた
・待機で給料カットされた
・スキルが身につかない
・人間関係が悪い、扱いが悪い
・現場をコロコロ変更させられれる、あるいは嫌な現場でも変更できない
・営業がクソすぎる

詳しくは別ページでも解説しますが、こういった不満は客先常駐SEでSES企業で働く以上は構造上絶対に避けることができません。
言葉は悪いのですがあなたの会社が悪いのでなく、それを知らずに客先常駐で働くあなたが悪いと言ってもいいでしょう。

管理人
管理人
それを知らずにゴミ屑扱いされながら働く権利も脱出する権利もあることを知ろう

客先常駐SEがゴミたる所以は!?


次に客先常駐SEがゴミたる所以について説明していきます。
客先常駐の悪しき点については別ページでも解説しますが、ここではかいつまんで説明します。

客先常駐のゴミポイント①職場や環境がゴミ

客先常駐のゴミポイントはまず職場や環境がゴミであることです。
職場がゴミというのはプロジェクト状況です。
常駐先は人手不足のプロジェクト炎上しているプロジェクト、あるいは何かの理由でガンガン人が辞めていくプロジェクト(お察しですよね)が圧倒的に多いです。
こういった現場にどんどん派遣されていくのはエンジニアからしたらたまったもんじゃありません。

また、環境がゴミというのは冒頭でもお伝えした通りです。
Slerや大手企業の社員は基本的に派遣SEを見下してますからパワハラモラハラ当たり前です。

管理人
管理人
客先常駐SEはこのような待遇で一生働き続けるのです。

客先常駐のゴミポイント②給料がゴミ

客先常駐SEは給料が極めて低いのがゴミポイントです。
その理由は簡単です。
自社(派遣会社)や仲介会社がピンハネしまくっているからです。
客先常駐SEのエンジニアであれば誰もが知っているであろう「商流」というやつです。
二次請け、三次請けは当たり前です。

IT派遣業界はこのピンハネがエグイうえに色々な企業がハイエナのようにたかってきますから
エンジニアへ給料として還元される金額は雀の涙なのです。

管理人
管理人
客先常駐SEでいる限り一生低賃金だぞ

客先常駐のゴミポイント③将来性がゴミ

客先常駐の将来性がやばいというのは様々な媒体で語られているのですが、それは真実です。
そもそもITエンジニアのピークは早いです。
30代中盤以降は市場価値が落ちてしまい40代以降も活躍できるのはほんのわずかです。
大手企業や優良企業であれば年をとっても管理職として安定した生活が保障されますが派遣型SEの場合、派遣先がなくなりますので用なしです。

冗談ぬきで一気に案件がなくなり、給与カット→クビというのがお決まりのルートなので本当に将来性がゴミなのは間違いありません。

管理人
管理人
派遣型の客先常駐SEで生き残れるやつはまずいない

まとめ

客先常駐SEがゴミ屑扱いされる理由について説明してみました。
本文でも説明したように客先常駐SEである以上一生這い上がれないのは明らかです。

しかしながら若いうちであればまだ派遣SEから脱出できます。
理由は簡単でITエンジニアは若ければ若いほど市場価値は高いからです。
弱小の派遣会社を辞め、大手企業や優良企業に就職できるチャンスがあるのは若いうちだと知っておきましょう。

管理人
管理人
ITエンジニアが這い上がるチャンスがあるのは若いうちだけだ!これは間違いないぞ

転職エージェントを絶対に使うこと

ついでながら転職活動には転職エージェントを使うことがマストと言えます。
・非公開求人があるため求人数が圧倒的に多い
・求人サイトの情報は釣りや過大広告が多い
・専属の営業スタッフに企業の雰囲気を教えてもらえる

など求人サイトを使った転職活動と比較すると様々なメリットがあります。
ちなみに転職での失敗理由の断トツ一位は「入社前に思っていたのと会社の雰囲気が違っていた」です。
求人広告や面接の場だけでは判断できないことも多いのです。
転職エージェントの営業は会社の雰囲気もよく知っているためこういったアンマッチを防ぐことができるのも大きな利点です。



にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村