ビジネス用語

ジャイアントキリングの意味は?使い方は?由来は?サッカー?徹底解説します


このページではジャイアントキリングの意味や由来、使い方について説明させていただきます。
ジャイアントキリングとは日常的に頻繁にする言葉ではありませんが、稀に耳にする言葉ですよね。
ここではジャイアントキリングという言葉について深堀りしていきます。

ジャイアントキリングの意味は?

ジャイアントキリングの意味について説明させていただきます。
ジャイアントキリングとは「格上相手に格下相手が勝利する番狂わせ」の事です。
主にスポーツの試合などに使われれ、チーム戦においても個人戦についても使われます。

ちなみに番狂わせという言葉は相撲が語源です。
番付上位者が下位者に負けるこので番狂わせ、という訳ですね。
類似の表現として大物食いなどが上げられます。

ジャイアントキリングの由来は?

ジャイアントキリングの由来について説明させていただきます。
ジャイアントキリングは旧約聖書のダビデ少年が巨人ゴリアテを倒したエピソードからです。
ざっくり説明させていただくと、ゴリアテはめちゃくちゃでかくて強いです。
ダビデ少年は美少年です。剣や兜を捨てて投石用の石だけを身につけてゴリアテに立ち向かいます。
ダビデ少年が投げた石がゴリアテにクリーンヒットし、倒すというのがあらすじです。

また、「Jack the Giant Killer」(ジャックと天空の巨人)というおとぎ話が由来という説もあります。
これも同様に、弱者が圧倒的な強者を倒すというエピソードです。

サッカーのジャイアントキリングとは?

ジャイアントキリングという言葉はサッカーで頻繁に使われます。
サッカーの場合、他のスポートと比べ一点の重みが大きいため実力差を覆し勝利を収めるケースがよくあります。
特にサッカーのジャイアントキリングは一発勝負のトーナメント戦においてよく見られます。
対戦相手が初見であることや戦術をよく知らないチームとの対戦が多いこともその理由です。

天皇杯でのジャイアントキリングについて

サッカーの天皇杯はジャイアントキリングがよくみられる大会です。
理由は説明したようにトーナメント戦だからです。
サッカー天皇杯の具体的なジャイアントキリングについてですが、
・J2のチームがJIに勝つ
・大学生チームがプロにチームに勝つ

などがあげられます。

ジャイアントキリングの使い方について

最後にジャイアントキリングの使い方について説明させていただきます。
・サッカー日本代表がジャイアントキリング!ブラジル代表に勝利
・あのチームに勝つとはまさにジャイアントキリングだよね
・この大会でジャイアントキリングを起こすチームはどこだ!?



にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村