IT業界知識

IT資格はいらない?経験とどっちが大事?資格だけの人って?SEの疑問に答えます

このページはIT資格がエンジニアにとっていらないかどうか?という点について考えていきます。
業界には資格などなくてもITエンジニアとしてバリバリ活躍できるの人もいます。
また、ITエンジニアは資格よりも経験が重要だという人も多いのですが、本当のところはどうなのでしょうか。
本当に資格が不要であれば貴重な時間を使って勉強などしたくありませんよね。
IT資格はいるのか?いらないか?という点と実際何が大事なの?という資格にまつわるアレコレについて業界人がITエンジニアの目線で掘り下げて解説させていただきます。

エンジニアってIT資格が必要なの?

まず結論から言うとIT資格が不要かどうかは本人のステータス・状況・何の資格を取得するのかがポイントとなります。
IT資格が全く不要であるエンジニアもおりますし、明らかにIT資格を取得すべき状況のエンジニアもおります。
ではどのようなエンジニアがIT資格をとったほうがいいか?について個別に説明していきます。

未経験から就職しようと思う場合

未経験からITエンジニアになろうと思う場合、資格を取得することを推奨します。
それは二つの理由からです。
・エンジニアとしての適性を知ることができる
・資格をもっているほうが就職に有利だから

エンジニアとしての適性を知ることができる

資格勉強をすることでエンジニアとしての適性を知ることができます。
未経験で全く資格勉強せず就職するとエンジニアへの興味やあこがれだけが先走り適性を知ることが難しいです。
いざ入社して勉強をしてはじめて
・プログラミングの勉強についていけずすぐ挫折してしまう
・勉強が楽しくない、向いてないことに気がつく

ということもよくあるのです。
そのため未経験からエンジニアになる人は資格勉強を事前にしていくことで失敗を防ぐ事ができるのです。

資格をもっているほうが就職に有利だから

資格をもっていることが就職に有利という面も当然あります。
未経験採用を行っている企業の場合、応募者が殺到し競争率が多くなることがほとんどです。
人売りITやブラック企業であれば別ですが、未経験のエンジニアにはそれなりのポテンシャルを求めます。
資格を保有していることは一定の知識を有していることの証明であり無資格者より多少有利になります。

転職活動において有利である

経験者の転職活動においてもIT資格は有効です。
ただ、ITパスポートなどの難易度の低い誰でもとれる資格でなく難関資格を取得していることが条件です。
ITエンジニアの場合、面接時の質問だけでは正確なスキルを測ることが難しいという面があります。
そんため企業の採用担当者はITの難関資格を保有しているエンジニアに対しては一定の評価をしますし安心して内定を出しやすいという面もあるのです。

専門的な知識が必要な職場である

専門的な知識が必要な職場であればIT資格取得を推奨します。
例えば以下です。
・Oracleのデータベースを扱う企業→OracleMaster
・金融系の企業→FP、証券二種、宅建など

など明らかにIT資格を取得することで業務がスムーズに運ぶ場合は資格すべきです。
こういった現場では特定領域の専門的な知識を得ることが仕事のパフォーマンスに影響を与えます。
一方で通常のWEB開発の現場であれば幅広い知識を求められることが多いため、資格を取得したり特定領域を深く学ぶことのメリットは少ないと言えます。

競争率の高い企業に入社する場合

競争率の高い企業に入社したい場合はIT資格は必須です。
こういった企業は選考基準のハードルが高いことが多いため「ただITエンジニアの経験があります」では採用されないことがほとんどです。
学歴や携わってきたプロジェクトで選別されることも多く、IT資格のありなしにより面接に進むかなども変わってきます。
少しでも突破率を高めるためにはIT資格は必須と言えるのではないでしょうか。

IT資格がいらないと言われる理由について


次にIT資格がいらない理由についても説明させていただきます。
IT資格が必要なケースに該当したエンジニアは黙って資格の勉強をしたほうがいいでしょう。
ただしIT資格はいらない派の人もIT業界には少なくありません。
バリバリ活躍しているエンジニアでも資格不要派は多いです。
以下の理由を見て自分にとってはIT資格は必要か?ということを考えてみてください。

現場では資格より使えるかどうかが大切

ITエンジニアの現場では資格をもっているか?ということより現場で使えるかどうか?ということのほうが重要です。
資格をもっていても使えないエンジニアは山ほどいます。
使えるエンジニアになるためには知識以外にもいろいろと重要なポイントがあります。

・コミュニケーション能力
・フットワーク
・理解力
・質問力

などなどです。
逆に言えば知識やスキルがそこそこでもこのような能力が高ければITエンジニアとしての価値は高いと言えます。
そのため自分の市場価値を高めようと思ったらエンジニアとしてのトータルの能力を意識し、まずどこを強化すべきか?というように考えることが大切です。

資格を取得しても必要なのは一部の知識である

ITエンジニアが資格を取得しても実際の開発現場で使うのはその一部の知識であるというのは厳然たる事実です。
現場で使わない知識のために多くの時間や費用をかけるのは無駄、という考え方も根強いです。
もし現場が変わったらその都度勉強すればいいというのは筋が通っているといえば通ってます。
ただしこれはある程度経験を積み基礎ができているSEの考え方です。
何も知らない若手エンジニアがこの考え方をするのは非常に危険なので、予め認識しておく必要はあります。

時間的なコストと金銭面のコストがかかる

いうまでもなくIT資格を取得するのは時間的、金銭的なコストがかかります。
IT資格がいらないと思う方の多くは大変がこれで、資格がサクッととれコストも安いのであればわざわざ悩んだりしないと思います。
これは説明したようにエンジニアの状況や「何のためにIT資格をとるか?」というのが重要なポイントになってきます。

本当はどっちが大事なの?資格より経験が重要派の意見について

ITエンジニアには資格より経験が大事派閥というのが存在します。
その理由は上述したようなことが理由です。
個人的には資格と経験どっちが大事というのを天秤にかけることがナンセンスだと思っております。

経験も正しい知識に基づかないと意味がありません。
正しい知識を学ぶのは資格や勉強です。
その正しい知識も現場では常にアップデートしていきますので、当然それも吸収する必要があります。
ITエンジニアの本質を考えると資格と経験どっちが大事というような考えに至らないというのが個人的な意見です。

IT資格いらないかな?と考えている人へのアドバイス

ここまでIT資格の要不要について説明してきました。
次にIT資格がいらないかな?と考えている人により具体的なアドバイスをさせていただこうと思っております。
繰り返しますがIT資格がいらないかどうかは自身の状況次第です。
では早速解説させていただきます。

スキルが低い・知識がないのであれば資格をとろう

あなたがエンジニアとしてのスキルが低い、知識がないのであれば資格取得を推奨します。
エンジニアとしてのスキルの低さというのは
・知識のなさ
・経験のなさ

二つの原因があります。
いきなり経験を積むことはできませんので、スキルを上げたいのであれば基礎となる知識の部分を強化していく必要があるのです。

ITエンジニアの世界というのは弱肉強食で、年収の差もはっきりしています。
知識もなく経験もなく資格もないエンジニアというのは底辺SE脱出不可避で低年収であえぐことになります。
そうならないためにもしっかりと勉強する必要があるのです。

自分のキャリアビジョンにあった資格をとろう

ITエンジニアの資格はたくさんあります。
大切なのは必要のない資格をとらないことです。
ではどのように必要な資格を選定するかというと、自分自身のキャリアビジョンを考え「将来的に必要になる資格」を取得しましょう。
例えば自分やプレイヤーとして活躍するのかマネージメント方面に行きたいのかなどによって必要な資格は全く異なってきます。

資格よりも転職活動は大事!とにかくいい企業を引き当てよう

あなたが何らかの理由で「とにかく年収アップ」「いい環境で働きたい」のであれば資格より転職活動に力をいれるべきです。
何故なら転職活動というのはガチャのようなもので、数多くの企業にエントリーし面接すればいい企業に合う確率は飛躍的に上がるからです。
極端な話1000社くらいエントリーして面接を受ければよほどエンジニアに問題がない限りそこそこの企業に受かります。
ITエンジニアの場合、資格がいらないかどうか?というよりも何故その資格をとりたいのか、自分がどうしたいのかという方針がより重要になってきます。
少なくとも資格取得のためだけに資格勉強をするというのは賢い戦略ではありません。

いるいらない?最新のIT資格事情について

最後にIT資格について有名なものをいくつかあげ、個別に解説させていただきます。
この資格は自分にとって必要かどうかという点と取得するメリットについて説明させていただきますので、参考にしてみてください。

ITパスポート

ITパスポートは非常に難易度が低く数日で取得できる資格です。
ITエンジニアを目指すのであれば取得するメリットはほとんどありません。
一方でIT業界の知識が全くないという人であれば勉強しておいても損はありません。
就職や転職に有利になることはありませんが、基礎的な知識を知らなすぎで恥をかくことは少なくなると思います。

基本技術者情報

基本術者情報はそこそこ難易度が高い資格です。
とはいえ理系の大学生であれば少し勉強をすれば取得できるレベルです。
あなたが未経験からITエンジニアになろうと思ったり、IT業界の何らかの職業につこうと思うのであれば就職に有利に働くことでしょう。
基本術者情報の勉強をして「さっぱりわからない」という人はレベルを下げて勉強するか適性が低いと判断し別の業界にチャレンジするのもありと言えるでしょう。

CCNA

CCNAはインフラエンジニアであれば必須の資格です。
未経験者、経験者問わず取得しておいて損はない資格と言えるでしょう。
転職の際にも有利になる資格です。
ただし資格取得のためにはある程度時間を投資する必要があります。

JavaBronze/Silver/Gold

JavaBronze/Silver/GoldはJavaエンジニアの多くが保有する資格です。
JavaBronzeはSES企業など未経験者入社の研修時に取得を目指す資格でもあり、
最も基礎的な内容です。
未経験からITエンジニアになりたい人はおさせておきたい資格です。
Java資格自体が転職市場で有利になるかは微妙なところですが、JavaGold保持者であれば一定の勉強をしたんだなという目で見られますし若手エンジニアであれば評価を得ることはできます。



にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村